東京の 白い歯 セラミック治療 審美歯科は 「トップスデンタルクリニック 西新宿」まで

白い歯・セラミック 審美歯科治療 専門外来サイト

トップスデンタルクリニック 西新宿

所在地
〒151-0071 東京都渋谷区本町3-10-3 清水橋矢部ビル6階
アクセス
西新宿5丁目駅 「A2番出口」
より清水橋交差点方面へ徒歩 3分

ご予約・お問い合わせ 03-6300-4573

メールでのお問い合わせ

診療時間日祝
10:00~13:00
15:00~20:0018:00

※ 新患・急患 受付可能です。 ※ご予約の方優先。

歯ぐきの色の治療

歯ぐきの色でお悩みの方へ

口元の美しさは「歯の形」「歯の色」「歯並び」だけではありません。「健康的なピンク色の歯茎・歯肉」という要素がそろって総合的な口元の美しさが達成されます。ここでは、歯茎(歯肉)の黒ずみや変色が起こる原因と、その原因にもとづく治療法をご説明いたします。

歯茎の黒ずみ・変色の原因は、主に以下の二つです。

メラニン色素の沈着による黒ずみ

メラニン色素の沈着による黒ずみはタバコを吸っている人によく見られ、受動喫煙によってご家族やお子様の歯茎が黒ずんでしまうこともあります。治療法にはレーザーによるメラニン色素除去や歯茎のホワイトニングがあります。レーザー治療は、不快な音・振動がほとんどなく、麻酔をしてから照射するので痛みはありません。通常1~3回の照射で歯茎の黒ずみはなくなります。歯茎のホワイトニングは、黒ずんでいる部分に専用の薬剤を塗布し、5分程待ってからうがいをして完了です。歯茎に薬剤を塗布するだけなので、ほとんど痛みはありませんが、稀にしみる場合があります。3~4日経つと黒ずんだ部分の皮が剥がれていき、7~10日後には全ての黒ずみが剥がれきれいな歯茎の色を取り戻すことができます。

金属イオンの溶出による黒ずみ

保険適用の銀歯や金属材料を使った詰め物や被せ物は、金属イオンが体内に流出することで身体に悪影響を及ぼすことが知られています。この流出した金属イオンが歯茎に沈着することによって、歯茎が黒く変色します。治療法としては、そもそもの原因となっている銀歯を取り外し、金属を一切使っていない素材(オールセラミック)に置き換えます。

T.O.P.S.DENTAL CLINIC

所在地
〒151-0071 東京都渋谷区本町3-10-3 清水橋矢部ビル6階
アクセス
西新宿5丁目駅 「A2番出口」より清水橋交差点方面へ徒歩 3分

予約・お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

03-6300-4573

診療時間日祝
10:00~13:00
15:00~20:0018:00

※ 新患・急患 受付可能です。 ※ご予約の方優先。

Copyright © TOPS DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.